本文へ移動
人生を1本の木にたとえてみると幼児期の教育は木の根っこにあたります。 大木になればなるほど根っこは深く長く伸びていきます。幼稚園はそんな大切な根っこを育てていく教育の場です。
 

本園の教育目標

キリスト教精神に基づく教育を軸に、自分が神様に愛され、人から愛される存在であることを知り、その自己肯定感から、主体的に行動する力や強い心を育てます。他者への思いやりの心を持つこと、ひいては世界の人々に目を向けるため、コミュニケーションを図るツールとして英語教育に力を入れています。また日々の保育の中に、SDGsの取り込みを導入し、自分たちの未来を考えていく保育を目指します。

この教育方針を心にとめながら日々の保育の中でこんなことを大切にしています。

1人ひとりのこどもたちが先生達から愛され「あなたが大好き」「あなたはとっても大切な人」と感じられるように

世界中でたった1人しかいない自分に気づき、個性豊かに自信をもって生きていくこと

弱く貧しい立場にある人達をいたわること、社会の善のために積極的に貢献できる人を育てます。

神さま大好き! おともだち大好き! 先生大好き!遊ぶの大好き! ようちえん大好き! 
そんななんでも大好きっ子に育てて、小学校へと送り出してやりたいと願っています。
大好きは“やろう!”という意欲の大切な第一歩です。
 

カトリックの幼稚園で育つ心

・幼いこどもの心に育ちつつある良心を大切にし、正しい善悪の判断ができる心を培います。

・人はみな神の子であり兄弟であることを悟り互いに愛しあい、助けあい、許しあいながら生きていくことの自覚を育てていきます。
学校法人大阪愛徳学園
〒571-0057
大阪府門真市元町5番27号
TEL.06-6908-2266
FAX.06-6908-2267
1
6
6
6
7
2
Google

WWW を検索
osaka-aitoku.ed.jp を検索
TOPへ戻る