本文へ移動
 
  

英語教育

幼児期は、心身の発達と共に感性が 発達する時期であり、良い音楽が脳に刺激を与えるように その時期に生きた英語に接するということは将来国際化する社会に対応するための第一歩となるでしょう。
外国人講師による正しい発音が遊びを通じて楽しく、そして自然に身に付くように指導します。

うたったり、ゲームをしながら英語になじみます。
(ECCから講師を派遣)

体操教育

幼児は神経系統(五感)と共に運動感覚が非常に発達する時期です。
体操専門の講師による指導のもと、サーキット遊びを通して自然に
マット、飛び箱、鉄棒、なわとびボール等に取りくみ、俊敏で且つ、
自己を安全に管理できる能力を養っていきます。

園外教育

スクールバスを利用して、色々な所に出かけていきます。
既製の固定された遊具では味わえない、 四季折々に展開される日本の自然の美しさを感じとり、また自然を愛する感性豊かな心へと育てます。

老人ホーム訪問

おじいちゃん、おばあちゃんのいる老人ホームに行きます。
うたをうたったり、手あそびをしながらあそびます。
涙を流して喜んでくれるんですよ。
立派に親善大使の役目をはたしてくれます。
お年寄りを大切にするこどもに育ってほしいですね。

戸外遊び

大地はこどもの揺りかご
こどもにとって遊びは学びの宝庫です。
机の上では学べない友達との遊び、関わりを通して社会性を身につけていきます。
学校法人大阪愛徳学園
〒571-0057
大阪府門真市元町5番27号
TEL.06-6908-2266
FAX.06-6908-2267
0
6
3
7
7
5
Google

WWW を検索
osaka-aitoku.ed.jp を検索
TOPへ戻る